どうど鍼灸整骨院ホームページ

メンテナンス美容鍼予約                   RESERVA予約システムから予約する

友だち追加 LINE@からの予約・問い合わせ

2020年04月01日

テニス肘(外側上顆炎)

〈症状〉
物をつかんで持ち上げる動作やタオルをしぼる
動作をすると、肘の外側から前腕にかけて痛みが
出現します。多くの場合、安静時の痛みはありま
せん。痛みが強くなってくると安静時や寝ている時にも
症状が出現します。

テニス初心者や中年以降のテニス愛好家に生じや
すいのでテニス肘を呼ばれています。
ただ、テニスやスポーツをまったくしていない方にも
同じような症状がでることがあります。
テニスなどをしていない場合に現る場合は,
年齢とともに肘の腱がいたんで起こる場合があります。

病態や原因については十分にわかってい
ませんが、主に短橈側手根伸筋の起始部が肘外側
で障害されて生じると考えらています。

〈予防法〉
痛みが軽度な場合は、肘や肩回りのストレッチや安静
サポーターなどを活用して痛みの軽減を図ります。

〈当院の治療法〉
当院では、ニス肘の症状と日常生活での使用頻度を考慮した上で
治療方法を考えていきます。

【症状が軽度の場合】・・・(使用時に痛みがでるが安静時には痛みが出ない場合)
 整形外科テスト(Cozen test,Mill test)や肘関節可動域、痛みの部位を確認し,
高周波治療器、マッサージ、超音波治療器、温熱治療器等を活用して早期に
痛みの軽減・回復できるように治療していきます。
 また、サポーターやアイシング、ストレッチなどセルフケアできる方法を提案して
日常生活の中でも痛みの回復が早くできるようにしていきます。

【症状が重度の場合】・・・(使用時に痛みが強くなり安静時にも痛みが出現する場合)
 上記の痛みが強く安静時にも痛みがでて生活に支障がでている場合は、
【症状が軽度な場合】の治療方法と鍼治療を併用していきます。(鍼治療は希望される方のみ)







同じカテゴリー(治療・セミナー)の記事画像
リハビリラン
臨床スポーツ医学
定例勉強会
定例勉強会
どうど鍼灸整骨院定例勉強会
ランチミーティング
同じカテゴリー(治療・セミナー)の記事
 ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)とは? (2020-03-31 10:53)
 リハビリラン (2020-02-25 11:40)
 臨床スポーツ医学 (2020-02-12 14:01)
 定例勉強会 (2019-04-13 22:25)
 定例勉強会 (2019-03-26 10:44)
 定例勉強会 (2019-02-24 10:54)

Posted by どうど鍼灸整骨院  at 19:28 │Comments(0)治療・セミナー

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。